トップページ >  いろいろ比較 >  集客力で比較

ショッピングカートの主要5社を集客力で比較

ショップの集客力を測る上で欠かせない5つのポイントについて主要5社で比較してみました。

①タイトルタグは変更可能か?(SEO効果)
 →GoogleやYahooの検索エンジンにおいて上位表示させるにための重要な対策です。
②画像にaltタグがつけられるか?(SEO効果)
 →画像が何らかの理由で表示されない場合の代替テキストで、タイトルタグ同様、上位表示させる為には欠かせない対策です。
③ショッピングモールと連動している場合、そのショッピングモール自体の集客力は?
 →ショッピングモールと連動していてもそれ自体に集客力がなければ意味がありません。
④アフィリエイトが可能か、契約先は?費用は?設定は簡単か?
 →たくさんのwebサイトに自分のショップのバナーを貼ってもらう事によってそこからお客様に来店してもらうという、費用対効果が高い方法です。
⑤独自ドメインが使用可能か?費用は?
 →オリジナルのホームページアドレスはお店の認知度アップ、ブランド力に効果大です。

比較 ショップサーブ カラーミー
ショップ
e-shops おちゃのこネット メイクショップ

ショップサーブ

カラーミーショップ

e-shops

おちゃのこネット

メイクショップ

タイトル
タグ

altタグ

ショッピングモール

アフィリ
エイト

独自
ドメイン
総合評価 ショップサーブ
カラーミーショップ
e-shops
おちゃのこ
メイクショップ
公式サイト


いかに機能を使いこなすかがカギ

「集客機能がたくさん揃っているところ」=「お客さんがたくさん来てくれる」ではありません。備えられている集客機能を使って自分でコツコツと集客作業を進めていく事が大事なんです。決して難しい作業ではありません。いかにコツコツやるかで「売り上げアップ」という結果が後でついてくるのです。

しかしそもそもそのような機能が揃ってなければコツコツやりようもありませんよね。「集客力に強いと言われている会社」=「集客に必要な機能が揃っている会社」≠「お客さんがたくさん来てくれる」と捉えるのが正しいでしょう。

集客機能全般に見て優秀なのがカラーミーショップとショップサーブです。カラーミーショップは「カラメル」という1万4千店舗以上のショップが集まっているショッピングモールに商品を無料で掲載でき、また、そこでは会員数が1千万人以上の「GMOとくとくポイント」を利用できるのでそのポイントを溜めたい人、使いたい人の利用も見込めます。メイクショップも連動している「アイテムポスト」というショッピングモールで「GMOとくとくポイント」を利用できますがモール自体の規模が今一歩といった感じです。
ショップサーブは「集客力のショップサーブ」と言われている程集客力に力を入れています。

平均5万円位で集客全般の代行サービスを行っているところもありますので それを利用して売り上げをグングンアップさせちゃう手もありますよ。また、上記比較表の機能も有料、無料があります。